日本でも阿里山森林鉄道の歴史に触れることができるんです!台湾鉄道展開催中 ~原鉄道模型博物館~

 982

台湾の鉄道ファン必見!横浜にある原鉄道模型博物館で、3月17日まで阿里山森林鉄道展を開催中です。

今では、観光列車として知られている阿里山森林鉄道ですが、かつては森林鉄道として活躍していました。その歴史と50年前の雄姿が世界的に著名な模型製作者兼収集家の原信太郎の手により、触れることができるのです。ほかに、台湾各地の鉄道の写真、資料、シェイ式蒸気の模型など、鉄道歴史にとって貴重な記録を一同に紹介しています。

HPより

HPより

 

原信太郎と阿里山森林鉄道

原信太郎は、1962年から何度も台湾を訪れ、鉄道記録を残しました。日本統治時代から生き続けてきた機関車を間近で目の当りにしたのです。16mmの映像も残っており、当時の蒸気機関車、ディーゼル機関車、ディーゼル・カーの活気に満ちた姿を見ることができます。

阿里山森林鉄道に乗った気分を味わってみてはいかがですか。

 

現在の阿里山森林鉄道奮起湖車庫跡

現在の阿里山森林鉄道奮起湖車庫跡

原鉄道模型博物館

所在地:神奈川県横浜市西区高島 一 丁目1 番2号 横浜三井ビルディング 2階

TEL:045-640-6699

アクセス:JR「横浜駅」徒歩5分、横浜高速鉄道みなとみらい線「新高島駅」徒歩2分

開館時間:11:00~18:00(最終入館 17:30)※予告なく営業時間を変更する場合があります。毎週火曜日(祝日の場合は翌営業日に振替)

入館料:大人 ¥1,000、中学・高校生 ¥700、小人(4歳以上)¥500 (消費税込) 障がい手帳をお持ちの方と、そのお付添いの方(1名様)は上記料金から300円割引です。 窓口にて手帳をご提示ください。

HP:http://www.hara-mrm.com/index.html

?神奈川県横浜市西区高島 一 丁目1 番2号?




Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です