お土産 · 観光スポット 2016年3月26日

人気のお土産ヌガーの博物館へ行ってみよう!!~大黒松小倆口牛軋糖博物館~

 1561

人気のお土産として常に上位にランキングされているヌガー!一度は口にした方も多いのではないでしょうか。ヌガーは、台湾に古くからある伝統菓子の一つでもあります。今回は、台湾で唯一のヌガー博物館の大黒松小倆口牛軋糖博物館をご紹介いたします。

大黒松小倆口牛軋糖博物館は、新北市の土城にあります。土城は、春ごろには5月の雪と呼ばれる桐の花が咲き誇る客家の郷としても知れています。

大黒松小倆口牛軋糖博物館について

大黒松小倆口牛軋糖博物館は、1965年に一人の婦人が、台北でヌガーを製造販売したことから始まります。そこから、台湾の結婚式の引き出物の喜餅と呼ばれるものと一緒に製造されることになりまして、今では、様々な引き出物が作られ、台湾ではなくてはならない存在となりました。「小倆口」とは、新婚の夫婦を意味する言葉で、館内には昔の結婚式で使われていた小道具やその引き出物等の歴史も見ることができます。また、ヌガーやパイナップルケーキ作りのDIY体験も開催されています。もちろんお土産品もたくさん揃っています。

館内では、道具等を展示して、ヌガーが出来るまでをわかりやすく説明しています。

数多くの有名人もこちらの喜餅セットを利用しています。

こちらの写真、中心にいるのは、アジアのスーパースター周杰倫(ジェイチョウ)です。本人の結婚式のようにも見えますが、主役は脇の方です。

ヌガーのお菓子はもとより、他ではなかなか買えないような珍しいお土産もみつかるかもしれませんので、是非足を運んでみてください!

牛軋糖博物館入館料:無料

DIYについて

DIYは、事前予約が必要です。(当日の予約は受け付けていません)

個人のDIY体験は、月曜~金曜の受付:02-2268-7222へお電話ください。

土日祝日は、20人以上の団体のみ受付。

 

大黒松小倆口牛軋糖博物館(ヌガー博物館)へのアクセス

<最寄駅より徒歩の場合>

MRT板南線永寧站1番出口より、右に出て中央路三段と大安路の交差点を右に曲がりますと約800メートルで博物館に到着。

<最寄駅よりバスをご利用の場合>

MRT板南線永寧站3番出口より、藍BL43号バス乗車後、牛軋糖博物館下車すぐ。

所在地:新北市土城区自強街31-2號 TEL:02-2268-7222

開放時間:9:00~17:30(年中無休)

HP:博物館HP

? 新北市土城区自強街31-2號?




Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です