5月1日より台湾の外国人旅行者の税金還付制限が累計2,000元に引き下げられます。

 2314

台湾へ旅行される方には耳寄り情報です。中華民国財政部は、2016年5月1日より外国人旅行者の税金還付の制限対象が、今までの累計3,000元以上から2,000元以上に変更されます。また、外国人観光客の増加に伴い、迅速な手続きに対応するため、空港や港に電子化自動税還付機も導入されることになりました。

税還付について

税金還付シンボルマークを提示する商店で免税ショップができます。税還付マークのある店舗でのお買い上げが累計2,000元(税込)以上の場合、以下の方法で税還付を受けることが出来ます。

当日同一店舗で累計税込2,000元以上24,000元以下の場合、店舗にて直接還付サービスを受けることが出来ます。

お買い物の際には、領収書正本(統一発票領収書)または電子発票証明書と還付明細表を忘れずにお受け取りください。出発の3時間前には空港または港で還付手続きを行ってください。還付手続き完了後、手荷物預けの手続きを取ります。

購入日から起算して90日以内に該当商品を携帯して出国する必要があります。ただし、市街地税還付特約サービスをご利用の場合は、還付申請日から20日以内に当該商品を携帯して出国し、空港・港の税還付サービスカウンターまたは電子化自動税金還付機にて審査を受けてください。

還付手続きの必要書類

①入国証明

②還付明細証申請表または市街地税還付特約サービス許可書

③領収書正本または電子

④当該商品(未開封、未使用または地震での変更がないこと)

⑤電子化自動税金還付機または税金還付サービスカウンターのどちらでも還付手続きができます。

電子化自動税金還付機の操作手順

①入国証明書をスキャン

②還付証明申請表(または市街地税還付特約サービス許可書)

③税還付が必要な商品を選択します。

④税還付を申請される方は、審査書類を用意し、税関にて審査を受けます。審査が不要な方は、直接還付方法を選択し、還付明細確認書取得してください。

審査を受ける方は、税関の審査カウンターで手続きを行ってください。

税還付は、現金クレジットカード小切手が選択できます。クレジットカードと小切手は手数料がかかります。現金を選択する場合には、税金還付明細査定表を持って現金カウンターにて還付をお受けください。

また、財務部より新システム等の詳細映像が配信されています。

詳細映像はこちらです。





Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です