LCC利用者は必見!!知っておくと便利、台北駅地下コインロッカーの設置場所と使い方をご紹介

 3438

LCCの台湾便は、早朝便や深夜便がほとんどですが、格安の値段設定と台湾滞在時間が長くなるという利点もあるため、利用者も増えているようです。ちなみに、そういったいわゆる「目の隈便フライト」のことを中国語では、「紅眼班機」と書きます。到着しても、まだ台北市内の地下鉄MRTの始発電車も走っていない状況ですので、そうなると絶対に必要になるのが、荷物を預けておくことができるコインロッカーです。海外旅行ともなると、やはりスーツケースで来る人も多いはず。
今回は、そんなLCC航空利用者必見!!台北駅地下のコインロッカーについてご紹介いたします。もちろんスーツケースも預けられます。

コインロッカーは、中国語で「自動存物箱」と書きます。

DSC07554

穴場のロッカー

今回お勧めするのは、台北駅M2出口から地下へ降りたところにあるコインロッカーです。桃園空港から國光客運(高速バス)を利用して、台北駅で下車した際に、後ろに戻る感じで京站(Qスクエア)方面に向かう途中にあります。
コインロッカーもたくさんありますが、こちらのコインロッカーは、高鉄(台湾新幹線)MRT乗り場にも近いので非常に便利です。またM2出口2か所ありまして、ちょっと奥のほうへ目を向けるとエレベーターもあります。

ロッカーの使用方法

最近の台湾のコインロッカーは、電子式のものが主流となっています。デパートに設置してあるコインロッカーも電子式のものがほとんどです。コインロッカーによっては、使用説明が日本語でも書かれている場合もあります。

料金は、ロッカーによっても異なりますが、大きさによっても違います。大体はこのくらいの設定です。各3時間までの料金。3時間を超えたら、取り出すときに追加料金を投入します。
特大サイズ70元
大サイズ40元
小サイズ30元

【預け入れ(寄存行李)】
①ロッカーを決めたら荷物を入れる
②ロッカーの番号(門)を入力する
③料金を投入する(お釣りのでないロッカーもあります。100元札が使えるものもあります。)
暗証番号の書かれた紙が印刷されます。開けるときに必要ですので、絶対になくさないでください。写真に撮っておくといいと思います。

DSC07757
⑤ドアが自動で閉まります。(自分で閉める場合もありますのでご注意ください。)

【取り出す(回取行李)】
①ロッカーの番号(門)を入力する
暗証番号を入力する
③3時間を超えている場合は、表示された追加料金を投入する
④ドアが開きます

たいていの24時間使用できるロッカーは、継続して3日間まで利用できます。
暗証番号を忘れた場合は、開けてもらうのに200元必要となりますので、ご注意ください。
24時間使用できないロッカー(デパートやショッピングモール内など)もありますので、ご注意ください。

重い荷物を置いて軽い足取りで遊びに行きたいですよね。ぜひご利用ください。





Comments

  • And I was just woinerdng about that too!

    Deliverance 2017年4月4日 3:55 AM

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です